6月 272015
 

中古で白本を買って、ネットで情報を集めたりした中には、11gsqlの試験問題数は55問と書いてあるが、実際に受けてみたら66問だった!

Oracle公式ページにも66問と書いてあるが、いつからか増えたらしい。

11問も増えていたら、時間に余裕がない…。

白本には模擬問題が55問ずつしかなかったから、それを2時間で解いて、よし、できる、と思ったタイミングで試験を受けた。

そしたら、全然時間が足りない…

全問答えられず、最後当てずっぽうでも埋めていったけど、それでも埋めてる時間がなく、空欄の解答もしちゃった。それで58%。くやしい。せめて、空白埋めてたら当てずっぽうでも当たってたかもしれない。なんて思いつつ…

こなし方としては、まずsql読まなくてもできる問題を一気に解いて、次にsqlを読んで考える問題をした。

文章読むだけの問題が、難しかった。本で学んださらに上のことを質問してくる。

本ではプライマリーキー作成時と言う書き方の物が、遅延不可のプライマリーキー作成時という選択肢だったり、

セレクト文のwhere句で使える、と言うものが全てのDML文のWHERE句で使える、という選択肢だったり

ひとこと余計な選択肢になっていて、混乱した。

sqlを読んで解く問題は、思ったより簡単なものが多かった。

ただし、別のタブで開かなくてはいけないような資料もたくさんあって、ややこしかった。

実際には、資料を見なくても解ける問題もあった。

decode文も三問くらいあった。

問題にはチェックマークをつけて、あとで確認することもできる。

選択肢には右クリックでグレーアウトすることもでき、消去法には役に立つ。

チェックマークをつけた問題と、未解答の問題はいつでもリストで確認できる。

リストを表示したページの右下には、テストを終了のリンクがあるので気をつけること。

問題のページの「次へ」などもちょうど右下にあるので、リストを表示するページで間違えて押しそうになる。

テスト終了時間が来ても、リストを確認のボタンを押すと問題を確認することができる。

解答を提出すると見れなくなる。

試験結果は11gsqlでは30分くらい、

ブロンズsqlではすぐに結果が出た。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - Oracleブロンズ11gsqlを受けて
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]