検索結果: : curl

2月 132016
 

シリアライズ可能なcURLのラッパークラス[参照]:http://qiita.com/mpyw/items/c65fb4ec4cef80909a47

使ってみたらすばらしいラッパークラスです。

これもすぐにできなかったのでめも。

全部同じディレクトリにファイルをつくったと過程。

  1. class cURLをcURL.phpとして保存。
  2. class NicoNicoをNicoNico.phpとして、保存。NicoNico.phpにcURL.phpをrequireする。
    require_once("cURL.php");
  3. index.phpを作り、その中で実装する。
    require_once("NicoNico.php");
    $nico = new NicoNico('aaaaa@bbbbb.cc.jp', 'xxxxxxx');
    var_dump($nico->getHistory());

これでOK!

視聴履歴が長期間ないと「履歴取得に失敗しました」エラーが表示されるので、その場合は、ためしに視聴する。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - シリアライズ可能なcURLのラッパークラスをつかってみた
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

2月 132016
 

PHP cURLの色々な使い方を参考にcURLで接続をこころみたものの、すぐつまづいて、ドはまりしたので、メモ。

以下の部分、file_get_contents()なら取得できるのに、cURLで取得できない。

$url = "http://www.pixiv.net/login.php";
$ch = curl_init(); // はじめ

//オプション
curl_setopt($ch, CURLOPT_URL, $url);
curl_setopt($ch, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true);
$html = curl_exec($ch);
var_dump($html);
curl_close($ch); //終了

このURLがリダイレクトされるので、リダイレクト後のアドレスに変えてみる。

https://www.secure.pixiv.net/login.php?return_to=0

エラーをはきださせる。

curl_errnoなどを使って、直前のcurl_exec()のエラーを出力。

if($errno = curl_errno($ch)) {
  $error_message = curl_strerror($errno);
  echo "cURL error ({$errno}):\n {$error_message}";
}

curl: (60) Peer certificate cannot be authenticated with known CA certificates

サーバー証明書の検証がうまくいっていないために、データが取得できないようだ。

cURL はサーバー証明書の検証を行わないように設定

setoptに、以下のように設定。
curl_setopt($ch, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false);

これでhttpsのデータも取得できるようになった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - file_get_contents()なら取得できるのにCurlでうまくいかない
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

 Posted by at 4:23 PM  Tagged with: